犬の行動」カテゴリーアーカイブ

幼犬と老犬が長い時間寝るという行動にはきちんと理由があった!

人間の世界では「寝る子はよく育つ」という言葉があります。人間にとって睡眠は体の成長を促すためには必要不可欠なことだと言えます。また疲れの回復や免疫力の向上のためにも質の良い睡眠をとることが必要とされています。

これは犬にとっても同じことだと言えるのでしょうか?大半の犬は1日のほとんどを寝て過ごしているイメージがありますよね?では犬にとって睡眠とはどんな存在なのでしょうか。

いつも寝ている愛犬の平均睡眠時間は人間よりどのくらい長いのか知っていますか?

人間が必要言われている睡眠時間は8時間前後だと言われています。家族の一員として生活を共にすることが多い犬の睡眠時間はというと、だいたい平均して10時間半ほどだと言われています。

人間の生活のリズムに合わせて、犬たちも起きて行動を共にしていますが、犬にとっての睡眠は大切なことだと言えます。できる限り愛犬が寝ているときはそっとしておいてあげましょう。

犬がたくさんの睡眠時間をとるのはルーツを辿るとわかる?

犬の祖先を紐解くことで、理由が見えてくると言えます。犬の祖先はオオカミといわれており、オオカミは夜行性の動物としても有名です。オオカミの特徴として、日中は寝ることで体力を温存し、夜の狩りに備えていると言われています。この名残で犬も日中などは寝て過ごしていると考えられています。

犬の睡眠不足が体に与える影響は大きかった!

犬の睡眠は人間の睡眠と同じように、体の休息と脳の休息を与える役割があります。これらの働きからもわかるように、睡眠不足になると免疫力の低下などを招き、体調不良になってしまう可能性が大きいと言えます。犬にとっても睡眠は健康を維持するの必要だということです。

大切な愛犬に快適な睡眠時間を提供するには?

犬に快適な睡眠時間を与えるためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。まず一つ目は犬にとって自分の場所だと感じれる場所を作ってあげること。二つ目はその場所を暗く(光を遮断)してあげること。そして何よりも重要なのが寝ているときはそっとしておいてあげることです。

かわいい子犬が必要としている睡眠時間は想像以上!

幼犬が必要している睡眠時間は19時間から21時間だと言われています。人間の赤ちゃんが1日のほとんどを寝て過ごすのと同じで、幼犬も寝ることで体の成長を促していきます。

老犬が必要とされている睡眠時間は命を伸ばすライフラインだった

老犬のほとんどは寝ているイメージがあると思います。なぜ長時間寝ているのかというと、体力を温存しようとする本能が働いているからだと言えます。老犬になればなるほど動いたときの体力消費が大きく、回復に時間がかかってしまうためだと考えられています。

どんなに忠実な愛犬も飼い主に怒ってしまう絶対にやってはいけない行為とは?

犬を飼っていると気づくことは、色々な些細なことでも愛犬が激怒したりすることがあります。どんなに忠誠心の強い犬でも、嫌なことをされれば怒ります。生きていうのだから感情があって当たり前で、飼い主はそれをきちんと理解しなくてはなりません。

愛犬がエサを食べている時に体に触るのは危険行為

愛犬が食事をしている姿を見ていると、ついつい頭などを撫でたくなることがあります。しかし愛犬の食事中に体に触れることは、とても危険な行為だと言えます。

犬は食事中に手を出されると、自分の餌が取られると勘違いし噛み付いたりします。これは本能的な部分での反応が大きいと言えるので、食事中は見守るだけにしたほうが良いと言えます。

何気ないリアクションが愛犬を傷つけてしまう可能性がある?

愛犬と長く生活をしていると、お互いに感情的になってしまうことがあります。人間が嫌なことと感じるように、犬にも嫌なことと感じることがあります。

そのような行為を続けていると、愛犬は自分が粗末に扱われていると感じ始めます。すると飼い主に対しての態度が大きく変わってしまいます。一定の距離をとるようになり、いつも行動パターンを目で追いながら警戒するようになります。

愛犬が危険を感じたり不快に思った時の行動パターンとは?

愛犬は身の危険を感じた時、野生のオオカミのような行動をとるようになります。牙を出し、態勢を低く構えていつでも攻撃に転じれるようにするためです。このような状態になるには、よっぽどの危険を感じない限りありません。

特にしつけのために叱った時が多く見られ、反発心から牙をむき出しにすることがあります。そのほかには普段食べている食材とは全く違う、人工加工でつくられた薬などを餌に混ぜた時などには、目で不信感を訴えることがあります。

【番外編】ただ遊びたいだけのワガママな犬の特徴は?

かまってほしい気持ちが爆発している犬は、とにかくわがままだと言えます。周りの家具や服などに噛み付いて自分の存在をアピールしたり、甘噛みをしたりしてきます。これはただ遊んでほしいというわがままな感情から起こしている行動だと言えます。