月別アーカイブ: 2017年8月

ドッグフードの中身は、値段と比例します!格安ドッグフードには要注意!

ペットショップなどで販売されているドッグフードは、値段がピンからキリまであります。安いものでは1キロあたり100円・200円ですが、高いものでは500円を超えるなど、非常にバリエーションが豊富です。しかし、何故ドッグフードの値段は大きく異なるのでしょうか?その理由は原材料の違いにあります。

低価格のドッグフードの原材料

価格の安いドッグフードの多くは、原材料に穀物類が使用されています。トウモロコシや豆類を中心に使っているため、価格が安くなっているのです。犬は基本的に雑食ですが、トウモロコシなどが原因でアレルギーになったり、お腹の調子が悪くなってしまうこともあります。

添加物が入っている

また、価格を押さえているドッグフードでは様々な添加物が配合されています。例えば酸化防止剤や着色料などです。これらの添加物は、人間にもあまり良くないと言われていますが、犬でも同様です。なるべく与えないよう注意したほうが良いでしょう。

高いドッグフードの材料は?

一方の値段が高いドッグフードでは、原材料で肉類を中心に使用しています。一般的な値段の安いドッグフードでも肉類を使っていますが、肉の質そのものが異なるのです。そのため、価格が少し高くなっています。

無添加素材も

また、価格が高いことから原材料にこだわっている製品もあります。野菜が使われている場合、無農薬の有機野菜を使っているケースも珍しくありません。余計な添加物を使わないドッグフードも多く、原材料にこだわりがあるのが特徴です。健康を第一に考えて作られているとも言えます。

原材料を確認して購入を

ドッグフードの値段の違いは、原材料の違いに繋がっています。大量に食べるからと、価格の安いドッグフードで済ます方も少なくないと思いますが、病気になってしまったり、体力が落ちてしまっている場合は注意しましょう。値段だけでなく、原材料をチェックしてから買うこともおすすめです。