月別アーカイブ: 2017年6月

犬がしゃっくりを起こす原因と、止め方について解説!

人間であれば誰でも体験することがあるのがしゃっくりですが、犬でも起こす生理現象でもあります。これから犬を飼い始める人にとってみれば、犬がしゃっくりをすることについて懐疑的になることも理解できますが、知っておいてほしい情報です。

犬がしゃっくりを起こす原因

横隔膜がけいれんすることによって起きる生理現象です。体内に溜まっているガスを排出させるための現象であり、人間も犬も同じ原理で起きます。犬がしゃっくりを起こす原因として、餌を食べる時間が早い、餌の量が多い、交感神経が過敏になっているなど生活習慣を改善することで、心配する必要がないものが多いです。こうみると人間と同じような生理現象になります。ただ注意してほしい点もいくつかあります。

怖い病気が潜んでいることも

喘息、心膜炎、脳卒中といった命に係わる初期症状である可能性もあります。おう吐やせきやくしゃみ、長期間続くしゃっくりの場合は、なんらかの体の変調が引き起こしている可能性もありますので、そのような症状がみられた場合は、速やかに動物病院に連れていくことをおすすめします。飼い主の方からみても、つらい光景になりますので、わんちゃんのためと飼い主さんの心配の排除のため、問題をクリアにしておいた方が良いです。

しゃっくりを止める方法を知っておこう

人間は水を飲んだり、驚かさせることで改善することが多いですが、犬の場合も同じです。水を飲ませたり、驚かせたりすると改善することが多いです。ただ驚かせるというのは、わんちゃんにとってかわいそうに感じる飼い主さんもいるでしょう。その場合はみどおちを軽くさすったり、ちょっと運動をさせて気を紛らわせるなどすると、しゃっくりを止めやすくなります。もちろんそれでも止まらない場合は、病院へ連れていきましょう。

予防対策も頭の中に入れておこう

餌が問題になることが多いですので、食べる量や食事の内容を変えることをおすすめします。ドックフードであれば粒の大きさを変える、水で柔らかくするなど対策を試みてください。またしゃっくりが起きるタイミングや頻度を観察しておきましょう。食後にそれが起きれば餌を変えることで改善の期待を持てます。病院に行くにしろ、そのような情報はわんちゃんにとっても有益です。

気持ちを発することができないのがわんちゃん

なにかおかしいと気持ちを発することができませんので、飼い主が注意をしておかないといけない問題です。わんちゃんのしゃっくりについて、理解しておきましょう。