月別アーカイブ: 2016年9月

幼犬と老犬が長い時間寝るという行動にはきちんと理由があった!

人間の世界では「寝る子はよく育つ」という言葉があります。人間にとって睡眠は体の成長を促すためには必要不可欠なことだと言えます。また疲れの回復や免疫力の向上のためにも質の良い睡眠をとることが必要とされています。

これは犬にとっても同じことだと言えるのでしょうか?大半の犬は1日のほとんどを寝て過ごしているイメージがありますよね?では犬にとって睡眠とはどんな存在なのでしょうか。

いつも寝ている愛犬の平均睡眠時間は人間よりどのくらい長いのか知っていますか?

人間が必要言われている睡眠時間は8時間前後だと言われています。家族の一員として生活を共にすることが多い犬の睡眠時間はというと、だいたい平均して10時間半ほどだと言われています。

人間の生活のリズムに合わせて、犬たちも起きて行動を共にしていますが、犬にとっての睡眠は大切なことだと言えます。できる限り愛犬が寝ているときはそっとしておいてあげましょう。

犬がたくさんの睡眠時間をとるのはルーツを辿るとわかる?

犬の祖先を紐解くことで、理由が見えてくると言えます。犬の祖先はオオカミといわれており、オオカミは夜行性の動物としても有名です。オオカミの特徴として、日中は寝ることで体力を温存し、夜の狩りに備えていると言われています。この名残で犬も日中などは寝て過ごしていると考えられています。

犬の睡眠不足が体に与える影響は大きかった!

犬の睡眠は人間の睡眠と同じように、体の休息と脳の休息を与える役割があります。これらの働きからもわかるように、睡眠不足になると免疫力の低下などを招き、体調不良になってしまう可能性が大きいと言えます。犬にとっても睡眠は健康を維持するの必要だということです。

大切な愛犬に快適な睡眠時間を提供するには?

犬に快適な睡眠時間を与えるためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。まず一つ目は犬にとって自分の場所だと感じれる場所を作ってあげること。二つ目はその場所を暗く(光を遮断)してあげること。そして何よりも重要なのが寝ているときはそっとしておいてあげることです。

かわいい子犬が必要としている睡眠時間は想像以上!

幼犬が必要している睡眠時間は19時間から21時間だと言われています。人間の赤ちゃんが1日のほとんどを寝て過ごすのと同じで、幼犬も寝ることで体の成長を促していきます。

老犬が必要とされている睡眠時間は命を伸ばすライフラインだった

老犬のほとんどは寝ているイメージがあると思います。なぜ長時間寝ているのかというと、体力を温存しようとする本能が働いているからだと言えます。老犬になればなるほど動いたときの体力消費が大きく、回復に時間がかかってしまうためだと考えられています。

どんなに忠実な愛犬も飼い主に怒ってしまう絶対にやってはいけない行為とは?

犬を飼っていると気づくことは、色々な些細なことでも愛犬が激怒したりすることがあります。どんなに忠誠心の強い犬でも、嫌なことをされれば怒ります。生きていうのだから感情があって当たり前で、飼い主はそれをきちんと理解しなくてはなりません。

愛犬がエサを食べている時に体に触るのは危険行為

愛犬が食事をしている姿を見ていると、ついつい頭などを撫でたくなることがあります。しかし愛犬の食事中に体に触れることは、とても危険な行為だと言えます。

犬は食事中に手を出されると、自分の餌が取られると勘違いし噛み付いたりします。これは本能的な部分での反応が大きいと言えるので、食事中は見守るだけにしたほうが良いと言えます。

何気ないリアクションが愛犬を傷つけてしまう可能性がある?

愛犬と長く生活をしていると、お互いに感情的になってしまうことがあります。人間が嫌なことと感じるように、犬にも嫌なことと感じることがあります。

そのような行為を続けていると、愛犬は自分が粗末に扱われていると感じ始めます。すると飼い主に対しての態度が大きく変わってしまいます。一定の距離をとるようになり、いつも行動パターンを目で追いながら警戒するようになります。

愛犬が危険を感じたり不快に思った時の行動パターンとは?

愛犬は身の危険を感じた時、野生のオオカミのような行動をとるようになります。牙を出し、態勢を低く構えていつでも攻撃に転じれるようにするためです。このような状態になるには、よっぽどの危険を感じない限りありません。

特にしつけのために叱った時が多く見られ、反発心から牙をむき出しにすることがあります。そのほかには普段食べている食材とは全く違う、人工加工でつくられた薬などを餌に混ぜた時などには、目で不信感を訴えることがあります。

【番外編】ただ遊びたいだけのワガママな犬の特徴は?

かまってほしい気持ちが爆発している犬は、とにかくわがままだと言えます。周りの家具や服などに噛み付いて自分の存在をアピールしたり、甘噛みをしたりしてきます。これはただ遊んでほしいというわがままな感情から起こしている行動だと言えます。

防災グッズを用意して大切な愛犬の命を自然災害から守る準備をしよう!

ここ数年で自然災害による被害が急激に増え、防災グッズなどに注目が集まっています。その中でも家族同然のペットの為の防災グッズなどが、ここ数年で注目集めています。

また様々な防災グッズのセットなども販売され始め、巷ではペット用の防災グッズも認知されつつあります。いざという時の為に、普段の生活の中でも意識するようにしましょう。

愛犬と共に自然災害から避難する時に必要になる必需品をチェックしよう!

実際に自然災害からの避難をする時、場所によってはペットが入れない場合も多くあります。もしペットも一緒に避難できる場合は、周りの人に迷惑をかけないように、事前に必要なものが揃っているか確認する必要があります。

また逸れてしまった時の為に、愛犬の画像や愛犬自体に自分の連絡先などを明記しておく必要もあります。避難所などではペット用の食事や食器などが用意されている事は少ないので、事前にペット用の食事や薬、食器や予備の首輪にリードなどを準備すておく必要があります。

大切な愛犬用に必要な災害グッズをチェック!

災害にあった時に最低限必要とされる愛犬用のグッズをリュックの中などに準備しておくようにしましょう。ペットを飼っている人が増えた事で、ペット用の災害用道具がセットになっているものがあります。

まずは市販されているペット用の災害グッズセットを買い、各々必要と感じているものを買い足す方法が一番効率の良い方法だと言えます。大切な愛犬を守る為にも事前に準備しましょう。

様々な災害に合わせて防災グッズを選んで準備しよう

災害には色々なケースがある為、それぞれにあった防災グッズを準備しましょう。特に万能と言えるのが犬用のライフジャケットです。水害などの時は溺れないようにしたり、首輪などの代わりに愛犬を確保する為のハーネス代わりにもなります。

また蛍光色のものが多いので、暗闇の中でも大切な愛犬の存在を周りに教える事ができます。大切な愛犬などのペットの命を守る為にも、災害に遭遇する前に、きちんと準備しましょう。

最適なペット保険を探すためにすべきこと

ペットは家族の一員です。
しかし残念ながらペットは、扶養家族として福利厚生を受けることが出来ません。
もし何かあった時、医療費は全額負担となります。
大事なペットのためにいくら払っても惜しくないと思うかもしれませんが、大切だからこそ万事に備え、ペット保険について考えてみてはいかがでしょうか。

口コミは軽い参考程度にして下さい

ペットの保険に入ろうと思っても、一体どれを選べばいいのか迷いますね。
どの保険にしようか悩んだ時、ネットの口コミを参考にされる方が多くいらっしゃいます。
確かに一つの目安になりますが、口コミで評判が良いからといって、安易に決めてしまうのはとても危険です。他の人のペットに最適な保険が、あなたのペットにぴったりとは限りません。
口コミを書いた人のペットがたまたまその保険の補償に合った病気になって、全額カバーしてくれたら、口コミには入ってて良かった! と書きますね。

しかしもしそのペットが別の病気になって、それが補償対外であったら、この保険使えない! と悪い口コミを書くかもしれません。
保険の口コミは結果論の場合があります。
口コミは軽い参考程度にして下さい。安易な選択はトラブルの元になります。

保険料は安ければ良いというものではありません

ペットの保険は掛け捨てで、死亡保障もありません。
ですから月々の保険料は一番の悩みどころです。
保険は安ければいいというものではありません。
安いものに加入しても逆にムダ金になってしまう場合があります。
月々の保険料が安いプランでは、保険適用外のものが多く、また適用されても厳しい条件が付けられていることがあります。
保険料の安さより、あなたのペットに何かトラブルがあった時にきちんとカバーしてくれるか、そこを重要視して下さい。

約款を熟読して下さい

保険のトラブルは多くの人が経験しているようですが、大部分が約款をきちんと読まなかったことに原因があります。
約款には保険に関する全ての契約事項が明記されています。
保険の約款は長くて細かいのでうんざりする気持ちは分かりますが、大事なペットのためしっかり読み込んでください。
内容を良く調べ、複数の会社のプランを比較し吟味することが、あなたのペットに最適な保険を見つけ出す必要条件であり、またトラブルを未然に防ぐことに繋がります。
読まずにノリでサイン、絶対にダメです。

ペット保険の約款の注意点

約款は重要。
しかし約款は長くて、言葉が難しい。無理。
そんな人のために、押えるべきポイントをアドバイスしておきます。

保険対象の確認

あなたのペットは保険の対象になっていますか? 
種類や年齢によっても保険の内容が異なりますので注意が必要です。

診療対象の確認

ペット保険は加入後の怪我や病気の治療費を補償してくれますが、ワクチン接種の予防、去勢などは補償対象外となります。
また海外で治療を受けた場合、先天的なもの、重大な過失に因るものなども補償対象外となります。

支払い制限や限度の確認

契約プランによっては支払いの金額に制限がある場合や、支払い回数に限度がある場合もございます。
手術の回数や通院、入院日数にも制限がある場合がございます。

契約更新時の確認

契約更新の際も注意が必要です。
長期療養になったり、治癒が困難な病気になった場合、次より補償対象外とされることがあります。

以上の点を保険契約をする前に、しっかりと確認してください。

ペットのために保険は必要

保険は決して安くはありませんが、ペットの医療費は高額です。
備えあれば憂いなし。
いざという時にあなたの大事なペットを守れるように、ペット保険をぜひ検討してみて下さい。